よくあるご質問

WebGISは、エクセルのデータを利用し、端末を選ばずに操作が可能な圃場管理システムです。お持ちの圃場(水田、畑地、樹園地、ハウス、畜舎等)の場所や生産履歴等を簡単に編集し、エクセルで保存することが可能です。

個人の圃場管理(生産履歴、栽培計画)への利用はもちろん、JA(農業協同組合)の営農指導を始めとした業務、TACでの指導やJGAP申請のための記録にも利用が可能です。

農業以外での利用に関しては制約は御座いませんが、サポートの対象外とさせて頂きます。

弊社に許可なく本サービスを利用した2次的なサービスの提供は禁止させていただきます。発覚した場合は相当する違約金を請求致します。

インターネットに接続されている端末があれば利用可能です。利用に際しては圃場の位置情報が記載されたエクセルを用意し頂く必要があります。
※9月中旬以降にエクセルがなくても圃場データを作成することが可能になる予定です。

ブラウザが利用可能でインターネットに接続できる機器である必要があります。圃場データを表示するブラウザはGoogle社の「Chrome」を推奨しております。

利用料はかかりません。今ある機能であれば今後も無料でご利用頂けます。
※専用機能などをご希望の場合は別途お問い合わせください。お見積させて頂きます。

個人・法人での利用の違いは御座いません。

現在はお問い合わせページより対応させて頂きます。今後、手厚いサポートを確保するため、サポートプランを用意させて頂く予定です。

有料プランとは、組織(JA、生産法人など)での複数人の利用者がいる場合、ログイン機能や管理機能などの専用機能を実装する場合の契約形態です。また、WebGISの活用方法コンサルティングなどを提供するサポートプランもございます。

基本の機能では手間のかかる、JGAP項目の管理機能、圃場データの更新代行、圃場データの作成代行などを行う予定です。詳細に関してはお問い合わせ下さい。

導入をご希望される機能や代行する作業によって都度お見積となります。

エクセルの拡張子が.xlsxであり、圃場の位置情報が記載されている必要があります。また、過度にサイズの大きなデータは切り分けて頂く必要があります。アプロードできるエクセルのファイル容量など、詳細な仕様の確認についてはお問い合わせください。

筆数は2,000行(※現在)までを、列は制限なしとさせて頂いております。JA管内を読み込む際には大字単位、もしくは利用する支店単位でエクセルを分けることをおすすめ致します。ご相談頂ければ対応致します。

お問い合わせを頂き、弊社側で有償にて圃場データを作成することも可能です。9月中旬以降に実装されるバージョンで、圃場データ(ポリゴン)作成機能を利用してご自身で作成可能となります。

ご自身で突合(マッチング)して頂くか、お問い合わせ頂き当方で突合することも可能です。

エクセル形式での保存が可能です。有料プランをご利用の場合、今後サーバ保存にも対応予定です。

はい。主な関数は利用可能です。現在のバージョンでは、エクセルで利用されている関数を読み込むことができますが、WebGIS上から関数を編集することはできません。一部対応していない関数もございます。